2008年12月08日

入浴剤の楽しみ

お風呂の入浴には、疲れを癒したり、痛みや凝りを和らげたり。。。
そして、気分をリフレッシュしたり、
それから、なかよし同士の交流などなど・・
人によって入浴の目的は異なり、正に十人十色です。


こうしたお風呂での入浴効果を高めてくれるのが、入浴剤です。
入浴剤は、成分により効果は様々で、温熱効果や清浄効果、
そしてお湯を軟らかくする効果などがあります。
ほかに、お湯の色や、とろみ、泡、におい(アロマ)、炭酸ガス、
クール系、ヒリヒリ系、錠剤の中からおまけ(プラスチックのマスコット)
がでてくるもの、あわ立つものなどがあり、
楽しみやリラックス効果が増大します。
温熱効果がある入浴剤は、生薬類が入ったもの主流です。
生薬にはウイキョウ、トウヒ、ニンジン、ユズ、ヨモギ、アロエ、
ハッカ葉、モモ葉、オウゴン、オウバク、カミツレ、コウボク、
米発酵エキス、ショウブ、センキュウ、チンピ、トウキ、
甘草、ケイヒなどがあります。

皮膚を清浄にする入浴剤は、酵素類が入っています。
酵素には、パパイン、パンクレアチン、蛋白質分、
解酵素などがあります。






肌をしっとりさせる入浴剤は、オリーブ油、大豆油、海藻エキス、
ハチミツ液状ラノリン、グリセリン、脱脂粉乳、ホホバ油、カゼイン、
ステアリルアルコール、流動パラフィン、白色ワセリン、
プロピレングリコール、スクワラン、ポリエチレングリコール、
コメ胚芽油などがあります。









温熱効果や清浄効果を高めたり、
お湯を軟らかくする効果がある成分としては、
炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、
セスキ炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウム、
硫酸ナトリウム(芒硝)、硫酸マグネシウムなどがあります。

リバイタラッシュ 激安  ベルマン化粧品 ホームページ







posted by ごうたん at 23:03| Comment(0) | お風呂でぬくもろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

為になる、お風呂の入りかた

体にいいお風呂の入り方
♪お風呂に入る前♪

冬のお風呂は意外と危ないんですよ。
急にあついお湯に入ると、血圧や脈拍が急激に上がってしまうため、心臓に大きな負担がかかります。

お風呂のお湯の温度は、一般的な目安を、38℃から40℃位として、その日の体調にあわせて調整しましょう。
そして、脱衣所、浴室の温度は、なるべく上げて、お風呂のお湯の温度との差を小さくします。


♪お風呂に入ったら♪

まずは、かけ湯ですね。
それから、ゆっくりと湯船につかります。
下半身まで入って、お風呂の温度がジワっと全身に伝わるのを感じてください。

いきなり上半身まで浸かってしまうと、心臓への負担が増すといわれています。

ゆっくりと、リラックスするのも入浴の目的です。
体調に合わせて、浴槽にゆっくりつかってください。

ゆっくりお湯につかることによって、肌の角質層が水分を吸収して柔らかくなって、
体の汚れが落ちやすくなりますよ。

♪体を洗いましょう♪

体を洗う時は、心臓から遠い部分から洗います。下半身は足先から順番に、ひざ、腰、おなかに向かって洗い、上半身は手先からひじ、肩、背中の順で洗います。これが体に優しい洗い方になります。

♪風呂上がり後は♪

湯冷めに気をつけましょう。
お風呂で温まった体が冷めてしまっては、もったいないので、予め脱衣所は、温めておきます。

脱衣所では、吸収性のいいタオルで全身の水分を拭きとります。髪の毛もよく拭き、ドライヤーを使ってよく乾かします。

風呂上りは、汗をかきます。その上からパジャマを着るのは、汗がひいとときに体が冷えてしまい、風邪ひきの原因となりますので、パジャマは汗がひいてから着るようにしてください。

お風呂狩りの水分補給は大切です。このとき冷たいものをがぶ飲みするのは避けましょう。
季節にもよりますが、最大でも冷たい飲み物はコップ一杯位が丁度よいです。あとは、人肌程度のお茶や水にします。
寝る前の牛乳は、気持ちをやわらげる効果もあり、またカロリーも気にせず、ぐすっすり快眠できますよ。

 
アロマ マッサージキャンドル   自分でまつげエクステ
posted by ごうたん at 22:26| Comment(0) | お風呂でぬくもろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。