2008年11月23日

為になる、お風呂の入りかた

体にいいお風呂の入り方
♪お風呂に入る前♪

冬のお風呂は意外と危ないんですよ。
急にあついお湯に入ると、血圧や脈拍が急激に上がってしまうため、心臓に大きな負担がかかります。

お風呂のお湯の温度は、一般的な目安を、38℃から40℃位として、その日の体調にあわせて調整しましょう。
そして、脱衣所、浴室の温度は、なるべく上げて、お風呂のお湯の温度との差を小さくします。


♪お風呂に入ったら♪

まずは、かけ湯ですね。
それから、ゆっくりと湯船につかります。
下半身まで入って、お風呂の温度がジワっと全身に伝わるのを感じてください。

いきなり上半身まで浸かってしまうと、心臓への負担が増すといわれています。

ゆっくりと、リラックスするのも入浴の目的です。
体調に合わせて、浴槽にゆっくりつかってください。

ゆっくりお湯につかることによって、肌の角質層が水分を吸収して柔らかくなって、
体の汚れが落ちやすくなりますよ。

♪体を洗いましょう♪

体を洗う時は、心臓から遠い部分から洗います。下半身は足先から順番に、ひざ、腰、おなかに向かって洗い、上半身は手先からひじ、肩、背中の順で洗います。これが体に優しい洗い方になります。

♪風呂上がり後は♪

湯冷めに気をつけましょう。
お風呂で温まった体が冷めてしまっては、もったいないので、予め脱衣所は、温めておきます。

脱衣所では、吸収性のいいタオルで全身の水分を拭きとります。髪の毛もよく拭き、ドライヤーを使ってよく乾かします。

風呂上りは、汗をかきます。その上からパジャマを着るのは、汗がひいとときに体が冷えてしまい、風邪ひきの原因となりますので、パジャマは汗がひいてから着るようにしてください。

お風呂狩りの水分補給は大切です。このとき冷たいものをがぶ飲みするのは避けましょう。
季節にもよりますが、最大でも冷たい飲み物はコップ一杯位が丁度よいです。あとは、人肌程度のお茶や水にします。
寝る前の牛乳は、気持ちをやわらげる効果もあり、またカロリーも気にせず、ぐすっすり快眠できますよ。

 
アロマ マッサージキャンドル   自分でまつげエクステ
posted by ごうたん at 22:26| Comment(0) | お風呂でぬくもろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体のぬくもりの大切さ

体をぬくめることは、健康管理にとても大切なことです。
冬は季節による冷え、夏は冷房による冷えに襲われます。

体が冷えてしますと、自律神経の乱れ、内臓機能の低下、貧血などに陥ってしまいます。
そして、冷えた体を温めないでいると、十分に睡眠がとれなかったり、頭痛になったり、肩こりが悪化したりします。

体が冷えた状態でいると、疲労回復が十分にできず、風邪をひきやすくなったりします。
日常的に体が冷えやすい人、一般的に冷え性の方は、特に医師等から指導を受けていない場合は、

運動量を増やし筋肉運動をしてください。基礎代謝量が増え血流量が増え、体温が上がるからです。

また、マッサージも体をぬくめる効果があります。

食事では、玉ねぎ、大根、ごぼう、人参、南瓜など体を温めるもの、血液がサラサラになるものを食材として選ぶようにしてください。とうがらし、にんにく、しょうがなどの香辛料は血液をサラサラにする効果があります。

体の中で特に冷やしていけない部分は、首、肩、背中、腹・腰、下腹部です。
衣類、下着に工夫をして、体から熱が逃げてしまわないようにします。腹巻、使い捨てカイロ、寝るときの湯たんぽの利用も効果的です。
それから、保湿クリームや保湿オイルも体温の保持に役立ちます。

逆に、薄着や露出の多い衣類は、体から熱がどんどん逃げていきます。お洒落は大事ですが、羽織るもの、肩にかけるものも一緒にもつようにしましょう。

それから冷たい飲み物の呑みすぎも体にはよくありません。がぶ飲みをするのではなく、先ず、コップ一杯、熱くなった体を冷やすのには十分な量です。


冷え性の改善には、運動です。
1回5分 ヨガ、ストレッチの実践メルマガのお申込み

トミーヒルヒガー プレゼント

posted by ごうたん at 21:37| Comment(0) | ぬくもりの世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

「ぬくもり倶楽部」始めました

ぬくもり倶楽部


             始めました。



「ぬくもり」は、私たちの生活のなかでとっても大切なものばかりです。関連する言葉で、「温かい」は冷たいに対する言葉ですし、「暖かい」は気温などに使われることばです。また、ひらがなで「あたたかい」と使われることもあります。

「ぬくもり」を漢字で書くと、「温もり」と一般的になりますが、このブログでは、暖かいの意味をも含めて、ぬくもりについて、ご紹介してまいりたいと思います。

ぬくもりを使った言葉は、沢山あります。
ざっと、思いつくだけでも、
「湯のぬくもり」
「家のぬくもり」
「里のぬくもり」
「宿のぬくもり」
「音楽のぬくもり」
「食のぬくもり」
「木のぬくもり」
「肌のぬくもり」
「言葉のぬくもり」
などがあげられます。

例えば、「湯のぬくもり」からは、温泉や風呂などを連想しますし、「食のぬくもり」からは、鍋料理、体を温める野菜とかが思い浮かびます。

ぬくもりを用いた健康法も沢山あります。
「岩盤浴」「サウナ」「ホットヨガ」「ウォーミングアップ」など体を温めることから得られる健康法や美容は、巷にあふれています。
そして、体をぬくめることで、人は汗をかき、老廃物が体外に排出されます。最近ではデトックスとして有名になりました。

ぬくもりは、自然治癒力を高めるとともに、人に癒しの効果をもたらします。
温泉の流行は、まさに治癒や癒しから来ています。

また、人と人との間に生まれるぬくもりも大切です。

ぬくもりのある言葉で、人は元気になったり、悩みが解消したりします。ぬくもりのある触れ合いで、赤ちゃんは安心し、男女の仲も深まります。

このように「ぬくもり」は、生活の様々な場面で使われ、私たちの人生に大きな意味を与えてくれています。

このブログでは、こうした「ぬくもり」不思議について、綴っていきたいとおもっています。

トミーガールの香水   ドクターケイのスキンケア   マンション購入基礎知識
posted by ごうたん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。